ビジョンとミッション

ビジョン(夢)

放射能汚染地に住む人々が、生涯心身ともに健康に過ごせること

ミッション(目的)

放射能汚染地に住む人々が、心身ともに健康に過ごせるようにサポートすること。
そのために放射能汚染の心配の少ない大阪にお招きしています。原発事故によって外遊びや自然体験の機会が減った子どもたちにとっては、子どもらしくのびのびと遊べる時間と場所を提供できるので、心理面での負担軽減にも効果があると言われています。

大人たちにとっては、心身を休めたり、不安を語り合ったり、情報交換をしたり、人間関係を広げたりする機会となります。大人の精神的な安定が子どもたちの育ちに影響を与えることを考えれば、大人も不安から離れてほっと一息つけることには大きな意義があると言えます。


吹夢キャンプ'

保養とは、原発事故で放射性物質による影響を受けた地域に住む人々が、休日などを利用して居住地から受け入れ地へ出かけて、放射能に関する不安から一時はなれて心身の疲れを癒そうとすることを言います。 吹夢(すいむ)では2011年より保養キャンプを行っています。 吹田の吹と、夢をかけあわせて吹夢(すいむ)キャンプと命名しました。毎日プールに行っていることにもかけています♪