保養キャンプとは

保養キャンプとは

原発事故により放射能の被害を受けた地域に住む人たちが、放射能汚染が少ない地に出かけて心身を癒すこと。チェルノブイリ原発事故後、ベラルーシなどでは国家的規模で行われ、福島第一原発事故後、日本でも全国各地で保養キャンプが行われています。放射能汚染の不安から一時的にでも逃れ、安全な食べものを摂ることで免疫力を高めるなどの効果が明らかにされています。

関西では、30以上の保養キャンプグループがあり、「保養をすすめる関西ネットワーク」(ほようかんさい)としてゆるやかに連係しています。

ほようかんさいHPはこちら

吹夢キャンプ'

保養とは、原発事故で放射性物質による影響を受けた地域に住む人々が、休日などを利用して居住地から受け入れ地へ出かけて、放射能に関する不安から一時はなれて心身の疲れを癒そうとすることを言います。 吹夢(すいむ)では2011年より保養キャンプを行っています。 吹田の吹と、夢をかけあわせて吹夢(すいむ)キャンプと命名しました。毎日プールに行っていることにもかけています♪